FAQ:海外よりアメリカへ入国されるお客様へ(電子渡航認証の取得について)
米国の法律によりビザ免除プログラムを利用して飛行機または船で米国に渡航する全ての渡航者に対して、搭乗または乗船する前に電子渡航認証の取得が義務付けられます。

この電子渡航認証は米国への入国を保障するものではありません。2009年1月12日以降、渡航前にESTAによる渡航認証の申請・取得を行っていないビザ免除プログラム渡航者は、搭乗または乗船を拒否されます。米国への渡航が決まりましたら、早めにESTAを申請して下さい。ESTA渡航認証の申請は、渡米予定日の72時間以上前に行ってください。 ESTA渡航認証の申請は即時に承認されなくなりました。空港到着時に事前に承認されたESTAをお持ちでない方は、搭乗が拒否される可能性があります。

ビザ免除プログラムは、米国国土安全保障省(DHS)により管理されており、日本など参加国の資格のある国民がビザを取得せずに、90日以下の商用または観光目的の滞在のために渡米できる制度です。ビザ免除プログラムおよびESTAに関する詳細は(https://esta.cbp.dhs.gov/)をご覧下さい。

※ビザ免除プログラムでの渡航者はEパスポート(IC旅券)の所持が必要になります。この規定は、すでに有効な電子渡航認証(ESTA)を取得している渡航者にも該当します。 全ての渡航者はビザ免除プログラムで渡米される前に所持しているパスポートがEパスポートであるか確認することを推奨されております。Eパスポートはパスポートの表紙にEパスポートを示すマークがあります。
  1. FAQの内容は、ブログやSNS、その他出版物等、有償/無償にかかわらず配布、転載、複写することを禁止します。
  2. FAQの内容は予告なく変更することがあります。
Copyright © 1991- mickeynet, LLC. All Rights Reserved.